Cocoonでウェブサイトの高速化! でも設定次第で不具合が・・・!

WordPressのテーマの「Cocoon」ではウェブサイトを表示させる為の高速化させる仕組みが備わっている。

WordPressの左側の「Cocoon設定」>「高速化」を開きます。

当サイトでは、

・ブラウザキャッシュの有効化
・CSSを縮小化する
・Googleフォントの非同期読み込みを有効にする」にチェック

にチェックを入れております。

但し、このチェックを行った後は、ブラウザで問題無く表示されるのか、新規で記事を投稿してもきちんと表示されるのか、Android、iPhoneどちらのスマホでも問題なく表示されるのかの確認が必須です。

閲覧出来なくなった場合は、元の設定に戻し、チェックを入れた場合、チェックを入れなかった場合で問題が発生するのか切り分けをする必要が有ります。

また、「HTMLを縮小化する」にチェックを入れて「変更を保存」を行った場合、Android、iPhone、パソコンのブラウザで表示が問題無くても、RSSを第3者が何らかのプログラムで取り込む処理をしていた場合、不具合が発生する場合が有ります。

例えば、レコメンドウィジェット広告を利用していた場合とか、IFTTTでFeedと連携していた場合とかでこれまで不具合が発生した為、当サイトでは「HTMLを縮小化する」はチェックを外しております。

また、「Lazy Loadを有効にする」はWordPressのバージョンが「5.5以降」の場合、標準でLazy Loadに対応した為、チェックをしていた場合は外しておく事を推奨する。
(Cocoonの後継バージョンでは「Lazy Loadを有効にする」は無くなる可能性は有ります)

というわけで、スマホでウェブサイトを表示させる場合は、ブラウザでサイトを表示されたら画像も表示されておくことがベスト。

画像がなかなか表示されないと、すぐに閉じられ閲覧すらされません。

ウェブサイトの高速化機能は動作確認をしながら、ベストな設定を行っておくべきです。

タイトルとURLをコピーしました