WordPressの画像URLはサブドメインにして専用URLに

WordPressでJPG形式・PNG形式の画像をアップロードすると、
デフォルト状態ではアップロードした画像URLは以下のようになります。

https://ドメイン名/wp-content/uploads/2020/08/hogehoge.png

これだと、「/wp-content/」の部分を見ただけで、WordPressで作成している事が分かります。

「/wp-content/uploads/」の部分を「/img/」と短くする方法は見かけますが、
同一ドメインで記事と画像を表示させると、アクセススピードの低下を招き
「なかなか表示されない」「表示が遅い」と言った問題が発生します。

画像ファイルのみを扱うサブドメインを作る

PVを1万、10万・・・と目指すためには、予め画像専用のサブドメインを作成します。

サブドメインのドキュメントルートは以下のようにします。

public_html/ドメイン名など/wp-content/uploads

※レンタルサーバーによって記述方法は異なります

画像専用のサブドメインもSSL化して、.htaccessファイルでSSLに常時アクセスするように設定します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

ファイル一覧が表示されてしまう為、ついでに以下の1行も記述します。

Options -Indexes

WordPress側の画像パスを設定する

ブラウザのアドレスバーのURLを「/wp-admin/options.php」と変更しアクセスします。

https://ドメイン名/wp-admin/options.php

下の方に「upload_path」「upload_url_path」の項目を探し、

upload_path には「 wp-content/uploads

upload_url_path には作成した画像用のサブドメインを設定し、画面下の「変更を保存」をクリックします。

アクセス数が増えてきたら、画像専用サブドメインをCDNで配信するなど検討します。

ちなみに「のりまきラボ」の画像のURLは↓↓↓
https://img.lab.norimaki.tv/2020/08/norimakilogo-1.png

タイトルとURLをコピーしました